バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い


バーチャルオフィスってなに?

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いは、実際にオフィス空間が無いかあるかにあります。
レンタルオフィスは机やファックスなどが揃っている場所を借りて、使用することができます。けれどもバーチャルオフィスの場合には、単に住所のみを借りるだけで使用できる空間はありません。
活動拠点は別に持ちながらも都心の一等地での住所を会社の所在地として利用できることになります。
会社を立ち上げたばかりでレンタルオフィスを借りるお金も節約したいような場合、便利に活用できます。ただし電話もないので、外部からの電話には代行サービスを利用することになります。
電話を転送するサービスを利用すれば、バーチャルオフィスにかかってきた電話を自分の携帯電話で受けることができます。
もしクライアントが来社したいという場合には、バーチャルオフィスの所在地に用意されたレンタル会議室を利用できます。利用料金も月に数千円程度となっていますし、都心の一等地の住所を使うことができます。
そのために対外的には信用度を高めることもできるようになります。社員が増えても活動拠点を定めずに、住所と電話の代行サービスのみで活動することが可能となるので便利です。

どうしても外せないバーチャルオフィスのデメリット5つ

どうしても外せないバーチャルオフィスのデメリット5つ バーチャルオフィスは架空のオフィスをネット上でもつことができ、自宅で開業をしたとしてもオフィスの住所を別に設定することができるなどの個人情報を守るというメリットあります。
格安で借りることができるので起業をする時に非常に初期費用を抑えることができるといった様々な良い面があるのは確かです。
しかしバーチャルオフィスにはメリットだけでなくデメリットもあるということもしっかりと把握しておく必要があるでしょう。
バーチャルオフィスのデメリットとしてあげることができるのは、まずたくさんの人が同じ所在地で登録等をする関係で、ホームページなどで住所で検索しづらくなるというものがあります。
その他にも郵便物などは一度バーチャルオフィスを経由して送られてくるので、迅速な郵便の受け渡しが難しいこと。ネット通販のサイトなどでは所在地として使えないといったケースもあります。
また起業した内容によっては官公庁の許可申請が下りないといったデメリットもあるのです。
メリットも非常に多く便利に使うこともできますが、起業した内容によっては逆に使えないというケースもあるので、借りる前には事前に自分の仕事で使いやすいのかどうか検討する必要があるでしょう。

バーチャルオフィスに関する情報リンク

格安のバーチャルオフィス・貸し会議室のサイト

バーチャルオフィス


Copyright 2017 バーチャルオフィスってなに? All Rights Reserved.