バーチャルオフィスの住所


バーチャルオフィスってなに?

バーチャルオフィスの住所について

バーチャルオフィスの住所について バーチャルオフィスとは企業を始めるに際に、初期費用を安く抑えながら最低限必要な住所や電話番号、荷物受取代行や共有FAXなどと言ったサービスを提供する新らしいサービスオフィス形態です。
バーチャルオフィスでは実際に事務所を構えることなく、住所や電話番号を利用することができ、様々なサービスをニーズに合わせて柔軟に利用することが出来ます。
そのメリットは、会社設立に必要な家賃や人件費などといった資金を大幅にコストカットできるという事です。企業を始める際にかかる、資金繰りや人手に関わる手間をカバーすることが出来るのです。
しかも、バーチャルオフィスなら一等地の住所を借りることができ、自宅とオフィスとの兼用で利用することが出来ます。
その他にも電話対応サービスや来客対応サービス、レンタル会議室サービスなどがあり、将来のビジネスの成長や変化に合わせて自分に必要なオフィス機能を取捨選択することが出来ます。
さらに法人登記を行うことが出来るので、信頼性も高く安心です。
バーチャルオフィスは安全性、安心性の面で、優れた起業方法と言えます。

バーチャルオフィスで登記できるか?

バーチャルオフィスで登記できるか? 何か商売を始めようと起業をするにあたり、まずは初期費用をなんとかして安く抑えたいですよね。
在宅でインターネットを使ってできる仕事であれば、わざわざオフィスを借りる必要もありません。
最近はバーチャルオフィスといって、住所や電話番号等をレンタルして借りたり、なかには電話代行もしてくれるサービスがあります。
東京都内一等地も借りることができ、登記の本社所在地にしておけば取引先にも信用されやすいでしょう。
実際に物件があるわけではないので、入居に必要となる敷金や礼金が一切かかりません。バーチャルオフィスの法人登記ですが、会社設立代行会社に依頼をし契約するものによってできたり、できなかったりします。
別途、オプションとなる費用をお支払いする場合もあります。
デメリットとしては、法人口座の開設ができなかったり、社会保険や雇用保険の加入ができませんので、メリットとデメリットをよく理解したうえで選択をしないといけません。


Copyright 2017 バーチャルオフィスってなに? All Rights Reserved.