メリットとサービス


バーチャルオフィスってなに?

バーチャルオフィスの具体的な活用例

バーチャルオフィスの具体的な活用例 バーチャルオフィスには仕事場としての空間はありませんが、会社や事業所として最低限必要となる、住所および電話番号を貸して貰えます。
仕事場がないので、オフィスとしての機能がないではないだろうか、利用する意味が分からないと感じる人は多いのではないでしょうか。
会社を設立する時、定款と呼ぶ書類の中には本店の住所を記載しておく必要があります。
自宅を仕事場にしている場合、住所をホームページに記載すると情報が漏洩してしまうなど、不安に感じる人も多く、設立登記はバーチャルオフィスの住所を利用するなどの活用法もあります。
また、ネットショップを運営している場合、通販店の住所をホームページに記載する時に、都心の一等地にあるバーチャルオフィスを利用する事で、買い物するためにアクセスしてくれたユーザーに対して安心感を与える事が出来ます。
バーチャルオフィスの活用法の中には、都心の一等地の住所を借りたい、電話番号を都心の局番にしたいなどがあります。

バーチャルオフィスならではの魅力

バーチャルオフィスならではの魅力 起業するために事務所を構えたい、しかし、費用をかけることが出来ないという人におすすめなのが、バーチャルオフィスと呼ばれるものです。
バーチャルオフィスは、バーチャルと名のついていることからも分かる通り、実際に事務所を構えるというわけではありません。事務所を構えるのに必要となる住所や電話番号の提供を受けることが出来るサービスの事を指します。
バーチャルオフィスの魅力としては、費用を抑えることが出来るということや別途事務所を構える際の手続きをする場合と比べて、素早く事務所の機能を備えることが出来るということです。
実際に構えるとなると、高額の費用が必要となる都心の一等地の住所を使用することが出来るということもあり、顧客に対して信頼感を得ることが出来るということもバーチャルオフィスの魅力であると言えるでしょう。
レンタルオフィスとは異なり、税務署に開業届けを提出する必要がないという事も手続きを省くことが出来るという魅力の一つです。


Copyright 2017 バーチャルオフィスってなに? All Rights Reserved.